司法書士法人 おおさか法務事務所 あんしん相続・遺言サポート
司法書士法人 おおさか法務事務所
<八尾事務所>
〒581-0003
大阪府八尾市本町2-12-4
TEL: 072-993-0117
<西宮事務所>
〒662-0047 兵庫県西宮市寿町
1番24号 ローズハイツ夙川2階
TEL: 0798-34-0586
最新著書紹介
司法書士は見た!実録相続トラブル
一番もめるのは、遺産2000万円くらい 日経電子版の人気連載を書籍化! 司法書士は見た!実録相続トラブル
相続争いは「お金持ち」だけの話ではない。誰にでもおこりうる、日常生活に潜むさまざまな相続トラブルへの対処法を、敏腕司法書士が「現場の生の情報」に基づいてやさしく解説!
相続の基礎知識
遺言書作成サポート
遺産相続手続きサポート
その他の手続きサポート
あんしん相続・遺言コラム
個人情報を大切に保護しています
わたしたちは、お客様の個人情報を安全に取り扱います。

個人情報について、適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者として、第三者機関の公正な審査による認定などを取得してきました。

司法書士事務所としての守秘義務と共に、お客様のプライバシー保護に全力で努めています。

銀行口座・証券などの名義変更をしたい
銀行口座の名義変更はどのようにすればよいのでしょうか。
金融機関の所定の相続届を提出し、そこに預金口座などの引き継ぎ方を指定します。そのまま名義を変更して銀行口座ごと引き継ぐ、解約して振り込んでもらう、解約して現金で受け取るなどの方法が指定できます。

この相続届には、原則として相続人全員の実印の押印と、添付書類の提出が必要となります。添付書類は各金融機関によって異なる場合があり、相続人の状態、遺言書の有無などでも変わります。銀行や信用金庫の相続届には、一般的には次のような添付書類が必要となります。
・亡くなった方の出生当時?死亡までの戸籍(除籍・原戸籍) ・相続人全員の戸籍 ・相続人全員の印鑑証明書 ・預金通帳・キャッシュカード など
なお、金融機関から相続手続きの書類の案内を受けるためには、口座名義人が死亡したことを具体的に伝えなければなりません。その際に、口座はいったん凍結され、手続きが終わるまでは引き出しや引き落としができない状態となるため注意が必要です。
司法書士が見た相続トラブル百科
日本経済新聞で第1位を獲得
日経新聞で「相続に強い専門家」として紹介され、
長期連載を続けています。(週間ランキング第1位)
司法書士が見た相続トラブル百科
あんしん相談
証券の名義変更はどのようにすればよいのでしょうか。
銀行で投資信託などを購入していたときは、上記の預金の手続きと一緒に名義変更や解約の手続きを進めることができる場合があります。

証券会社で口座を開設していた場合は、そのまま解約・返金するのではなく、いったん相続人が新規に証券会社に口座を開設し、そこに名義変更によって証券類を引き継ぐという形をとることもあります。

証券口座の名義変更の場合は、証券会社の所定の相続届を提出し、そこで証券の引き継ぎ方法を指定することになります。

この相続届には、原則として相続人全員の実印の押印と、添付書類の提出が必要となります。添付書類は証券会社によって異なる場合があり、相続人の状態、遺言書の有無などでも変わります。証券会社の名義変更には、一般的には次のような書類が必要になります。
・証券などの証書 ・亡くなった方の出生当時?死亡までの戸籍(除籍・原戸籍) ・相続人全員の戸籍 ・相続人全員の印鑑証明書 ・証券口座カード など
また、相続届とは別に相続人の新規口座を開設する場合は、新規開設のための申請書や添付書類が別途で必要になります。

いずれの場合も、証券を引き継ぐ場合は「相続税」の対象ですが、引き継いだ後に売却・解約などをする場合は「所得税」の対象となります。申告の区分が異なりますので、注意が必要です。
ゴルフ会員権の名義変更はどのようにすればよいのでしょうか。
ゴルフ会員権を名義変更する場合は、運営会社の所定の相続届を提出し、そこに引き継ぎ方を指定することになります。

この相続届には、原則として相続人全員の実印の押印と、添付書類の提出が必要となります。添付書類は運営会社によって異なる場合があり、相続人の状態、遺言書の有無などでも異なります。また、名義の変更には運営会社所定の手数料が課されることが一般的です。

運営会社によっては、便宜的に相続人から第三者への名義変更も同時に受け付けてもらえる場合もあります。

ゴルフ会員権の相続届には、一般的に次のような添付書類が必要になります。
・亡くなった方の死亡時の戸籍(除籍) ・相続人であることが全員確認できる戸籍 ・相続人全員の印鑑証明書 ・会員証書 ・会員バッジ・帽子章など
ゴルフ場によっては、バブル経済崩壊後に運営会社が倒産・撤退などをしており、退会・解約した場合でも、相続人に対して預かり金などの返済が当初の規定通りには行われないところも存在しますのでご注意ください。
生命保険の請求はどのようにすればよいのでしょうか。
死亡保険金の受取人が特定されている場合、生命保険は相続の対象とはなりませんが、請求の手続きは他の財産を相続によって名義変更する場合と大きく変わらない部分もあります。

保険会社に対して、被保険者が死亡した旨を受取人から連絡すると、手続きの案内書類が届くことになります。そこに所定の請求用紙が同封されていますので、添付書類と一緒に保険会社へ提出します。保険金を請求するための用紙には、基本的には受取人に指定された人がひとりで実印を押印すれば良いようになっています。

保険金の請求に添付する書類は、各保険会社によっても異なりますし、保険金額・保険の種類、病気で亡くなったか・不慮の事故で亡くなったかによっても変わることがありますが、一般的には以下のような書類となります。
・保険証書 ・医師の死亡診断書 ・亡くなった方の死亡時の住民票もしくは戸籍(除票、除籍) ・受取人の印鑑証明書 ・受取人の住民票
書類に不備がなければ、審査を経て、一定期間の後に受取人の指定口座へ保険金が支払われます。
その他の財産の名義変更のことが聞きたいのですが・・・
あんしん相談をご利用いただければ、その他の財産についても名義変更手続きの概要についてご説明させていただきます。お気軽にご相談ください。
名義変更にかかる費用を教えて下さい。
あんしん相続・遺言サポートをご利用いただくと、銀行・証券会社・ゴルフ会員権・生命保険など、財産の種類ごとに名義変更の手続きについてアドバイスさせていただき、必要な書類の収集などを代行いたします。

サポート料金につきましてはお気軽にお問合せください。

なお、一連の名義変更サービスは、信託銀行でも同様のものが提供されています。信託銀行の遺産整理業務サービス料金については以下をご覧ください。
司法書士が見た相続トラブル百科
日本経済新聞で第1位を獲得
日経新聞で「相続に強い専門家」として紹介され、
長期連載を続けています。(週間ランキング第1位)
司法書士が見た相続トラブル百科
あんしん相談
トップページ法人概要スタッフ紹介費用の目安あんしん相談個人情報保護方針お問い合わせ
Copyright 2014 司法書士法人 おおさか法務事務所 All Rights Reserved.