あんしん相続・遺言コラム

オンライン相談はじめました

私道の通行権とは

おおさか法務事務所

私達は普段何気なく道路を利用しています。その道路が誰のものなのかは、あまり意識しないことが多いでしょう。しかし、これから購入する土地、または住んでいる家の前の道路が他人の土地であったらどうなるのでしょうか。

この場合、通行する権利(通行権)というものが必要になります。

通行権がなくても、土地の持ち主以外の人が道を通行していることはよくみかけます。しかし、これは、その道である土地の持ち主が黙認しているか、あるいは好意的に認めているために通行しているだけであって、通行できる権利があるからではありません。

もし、土地の持ち主から通行を拒否されれば、原則として通行できないことになってしまいます。将来、自分の家の前の道路を通行できない可能性がある場合には、金融機関から住宅ローンを受けることも制限されますし、今後売却される際にも不動産の価格にも影響します。

不動産を購入される際には、家の前の道路について通行権があるかどうかが意外にも重要な事項となります。そのためにも、通行権という権利にはどんな種類があるのか、どうすれば通行権をもつことができるのかを知っておく必要があるのです。

オンライン相談

無料相談はこちら