あんしん相続・遺言コラム

オンライン相談はじめました

通行権が必要となる道路、私道とは

おおさか法務事務所

道路の中でも、通行権が必要となる道路が存在します。その道路というのは、いわゆる「私道」のことになります。

私道と対比的な存在として「公道」があります。この公道とは、国や都道府県、市や町など公が管理し、所有している道路です。公道は、『道路法』のような法律で管理され、広く一般に道路として利用されることが公から認められています。

では、私道とはなんでしょうか。

私道とは、公以外が所有し、私的に利用している道路をいいます。公道のような管理法をもたず、公以外の権利の対象となっていて、その土地の持ち主が自分の権利に基づいて土地を通行の用に供しているもののことをいいます。

このような私道は、公以外の私人が所有する土地なので、公道と違って、誰でも自由に通行できるというわけではありません。通行するには、原則として通行する権利が必要となるのです。

オンライン相談

無料相談はこちら